大家好!二胡的朋友

<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「ドヒャー~」育ち過ぎ!?

5月に種芋の話をしてから約1ヶ月、お約束とおり今、おイモちゃんは元気にすくすくと育っています、というか育ち過ぎです。
他に植えたトマトやきゅうり、なす、枝豆よりも一番育っているおイモちゃん。
こんなに緑、緑に葉っぱが育ったら土の下の実の部分は栄養不足になっているかも。
今度はちゃんと食べられるおイモになったらまた、報告ですね。イモ堀が楽しみだぁ。
他の野菜たちの報告もまたこの次ね。
b0117720_182730100.jpg手前がトマト、左がジャガイモです。葉っぱだらけだ・・(後ろにちょっと花が見えます)
[PR]
by hao-ting0706 | 2009-06-30 18:31 | たわごと

「白い恋人」



23日(火)は来月5日に演奏する「まるやまミュージックソン」の最後の練習日。
調度、練習会場が石屋製菓のチョコレートファクトリーに近かったので帰りに寄ってみました。
中のカフェは5時で終わってしまって入れなかったけど、お天気も良かったので外のお庭を堪能。緑よし、花よし。椅子に座って食べるソフトクリームもまたよし!
6時にはからくり時計や設置されているおもちゃが動きだし、メルヘンチックにシャボン玉なんかも舞っていました。いったい、ここはどこ?って感じ。
これからの季節、ますます見応えあり。異国の雰囲気、是非味わってみてね。

b0117720_23282015.jpg
イギリステューダー朝期の建築様式の建物を移築した「チュダーハウス」、

b0117720_2329403.jpgb0117720_23312190.jpg
西洋建築とコンサドーレ札幌をテーマにした集合施設の「白い恋人パーク」の中はお菓子の工場、イシヤチョコレートファクトリーがあり見学もできます。調度からくり人形が動いてます。

b0117720_23323736.jpg
これはバニラ。この他にミックスやローズがあります。

道路を挟んだ向かいにはコンサドーレ札幌の練習施設として使用される宮の沢「白い恋人」サッカー場があります。
[PR]
by hao-ting0706 | 2009-06-24 23:37 | たわごと

北海道神宮例祭&Happy Birthday!

6月14日(日)~17日(水)までは毎年、北海道神宮例祭「札幌まつり」があります。
14日の宵宮祭で始まり、15日の例祭、16日の神輿渡御、17日の後日祭があり神宮はもちろん露天が出る中島公園(こちらは16日まで)も人・人でいっぱい。

そして今日は私の誕生日!
お祭り日、それもお神輿さんが出る日に生まれただけあって「ピーヒャラドンドン~」と脳天気な私、そして賑やかな露天大好き!
今年はヨサコイソーラン祭りと重なったりお天気があまり良くないせいか去年と比べると少ないかも。
中島公園の露天は毎年たくさん出るけど、我家のご用達が「函館チキン」と「東京ケーキ」
それも決まったお店で買うのです。
まず、「函館チキン」は元祖のお店。今でこそチキン焼きのお店が何店かあるのですが、ここのお店がチキン焼き第1号店です。塩もタレも美味しいんですよ。
b0117720_1759944.jpg元祖「函館チキン」
b0117720_17592557.jpg
鉄板で再度温めてもらってます(右上)

そして「東京ケーキ」。ここのお店はワカモト入りで鈴の形をしています。ここ以外のお店は俵型。要するによくある鈴カステラです。
b0117720_180230.jpgb0117720_1801716.jpg小さい袋のものは食べながら歩くとすぐなくなるので今回は25個入りを購入。

どちらのお店も毎年場所が微妙に変わって(場所は抽選で決まるので)探すのが大変。
今年はテレビで中国のシャーピンが出ているとの情報を見たので買ってみました。さて、どんなお味か。
今夜の誕生日はお祭り惣菜とビールでお祝いだぁ。
b0117720_1804593.jpgb0117720_1805821.jpg餃子のアンをとろとろの生地で包んで焼いたもののようです。


是非、北海道神宮例祭「札幌祭り」の歴史や「ピーヒャラドンドン~」聞いてみて。
http://www.hokkaidojingu.or.jp/festival/index.html
[PR]
by hao-ting0706 | 2009-06-16 18:12 | お気に入りの物・事

新入生歓迎会?実は・・。

13日(土)はいつもの中国語の日。でもこの日は新教室から元の教室(中国茶店)へ移動して5月下旬から新しく入った女性の歓迎会をまたまた火鍋で行いました。
7時からと言うのに先生と男性生徒1名は既に新教室(サロンになっている)で3時から飲んでいて半分出来上がっている状態。更に先生の親友でもあり私の最初のブログにも登場したK村さんも一緒に合流し7名での歓迎会となりました。
歓迎会と言いつつ、ちょうどいい名目での「飲み会」です。
盛り上がった話しと言えば前回書いた「夜壺」
今回、K村さんの参加で「夜壺」の内容知らなかったのでまた先生が説明して、火鍋をつつきながら「中国と日本の昔の人は●●●したあと何でお尻拭いていたか」とか「私たちの時代はチャチリだった」とか「これからのビジネスはウォシュレットだ」とかトイレ話で深まっていきました。(^^;)

久しぶりにK村さんとゆっくりお話しができたので思わず最初のブログにも書いた「サナダムシ」についても聞いてみました。(話しの内容は2007年7月を見てくださいね。)
結論から言うと既に身体からいなくなったそうです。
うーん、確かに太った。そんな感じですよね・・・。
本人はまたどこかから手に入れたいとの事ですが、そう簡単にはムリみたい。
また今度、なにか名目つけて飲み会しましょ。
って、いつ中国語勉強するのだろう?

以前、紹介した野中のばらさんの漫画。
今度は下記サイトでも新しい内容で先生やK村さんが登場します。
是非、見てください。
ここ↓
http://www.jalca-ch.com/jck_nby.html
[PR]
by hao-ting0706 | 2009-06-15 20:35 | 中国語・中国関連

ちかれたビィ~


昨日(金)は7月の発表会に向けての1回目の合同練習がありました。
午後1時から4時過ぎまでが昼の部
午後6時から9時過ぎまでが夜の部

取りあえずお昼の合同練習に出たのですが、
さすが皆さん練習してるだけあって上手い。
私はチト落ちぼれ・・・
そんな訳で先生にお願いして夜の部にも参加させてもらいました。
我ながら練習熱心!  でしょ?

夜の部は人数が少なかったのと下のパートさんが多かったので
落ちこぼれ上パートの私は下手さが目だって悲しかったけど
先生の「練習!」のお言葉で随分弾かせてもらいました。

家に着いたのは夜10時前。二胡練習約7時間。
つかれたぁ~。 

たまたま今日は楽器やに行く用事があったのでついでに
二胡の楽譜見ていたらなんと「二胡を極めよう」第6集中級3が
あるではないの!!
そしてなんと、最後の曲が今回演奏する「奔驰在千里草原」。
超ラッキー!   で即購入しました。
帰ってからCDと一緒に弾いたらすぐに
置いていかれてしまった(T T)

やっぱり難しいよぉ~。
b0117720_16515691.jpg
★第6集は二重奏あり3重奏ありの
聞くだけでも勉強になる教本です。
それにしても、ため息が出るほど素晴らしい!!
[PR]
by hao-ting0706 | 2009-06-12 22:43 | 二胡関連

我是哪国人?(私ってなに人?)

日语很难(日本語は難しい)

姉から「この本、面白いよ」と勧められたので取りあえず借りて読んだら、久々のヒットでした。
留学生が知りたい日本の素朴な事や物、それは私たちが考えたこともなかった物の名前や意味。外国人から聞かれても正確に答えられないどころか間違った日本語まで教えてしまいそう。あー、胸を張って「日本人です!」と言えない私。悲しい・・

わかりますか、この意味?
①料理の時に使う「しゃもじ」の由来
②「教えて頂けますか」と「教えて下さいませんか」の違い
③「鳩」と「蚊」と「鴉」と「猫」の共通点
                                 答えは本買ってお勉強して下さいね。

b0117720_231384.jpg

b0117720_2315516.jpg←4コママンガの会話:

(テストの解答をチェックしていて×が多かったので)
①日本語教師:「あれー、珍しいな。キムさんはいつも優秀なのに。」

(キムさんに答案を返しながら)
②日本語教師:「宿題ずいぶん間違ってたけど何かあったの?」

③留学生キムさん:「――・・・・」

(答案用紙を見ながら)
④留学生キムさん:「日本人の友達にやってもらったのに!」
日本語教師:「そいつをここに連れてこい!」

笑うに笑えないよぉ、 早く第2集出しておくれ~。
[PR]
by hao-ting0706 | 2009-06-08 23:10 | たわごと

中国トイレ事情

「夜壺」

今日はいつもの中国語の日。
順調に教本も進み新しい単語を読んでいた時、「茶壺」という単語が出てきました。
「茶壺」は日本語で急須やティーポットの事。「酒壺」は字の如く紹興酒とか入っている「お酒の壺」。じゃ、他に「壺」が付くものって何があるのだろう、と思って先生に聞きたら「夜壺」と言うのがあるそうです。はて、「夜の壺」?何だろうと思ったらトイレ(便器<男用・小>)の事だそうです。今ではよっぽど田舎にいかないとないかもしれませんがこの「夜壺」は簡単に言うともち手の付いた樽?
ドアなし一列トイレは大都市以外、今も健在だと思うけど昔は家にトイレは付いていなくて「馬桶(マートン)」と呼ばれる日本ではオマル?のような携帯トイレがあったみたい。特に隠れてトイレする訳でもなく椅子に座ってお友だちと話す感覚らしいですよ。そして通常お母さんが毎日、決められた場所に捨てに行くそうです。このトイレ、なんと二胡と同じ紅木で出来ているとか。な、なんかショック。
驚いたことに「トイレセット」はお嫁に行く時の持ち物、そう「花嫁道具」!
最近は中国も水洗でキレイになってきているし、アッと驚くようなトイレもあるようですね。トイレにも歴史や文化があって深~い。
中国茶店「楼蘭」にはこのトイレミニチュア盤があります。それもトイレ、タライ、水入れの3点セット。実に面白い!
さて、これを飾るか、使うか。使う場合蓋付きの壺、何を入れるのか・・。
興味ある方は是非、お店に行ってみて。

中国茶店「楼蘭」http://www.rouran.net/
[PR]
by hao-ting0706 | 2009-06-06 23:25 | 中国語・中国関連



二胡と旅と食に関するブログ

by hao-ting0706
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル