人気ブログランキング |

大家好!二胡的朋友

カテゴリ:二胡関連( 48 )

中華二胡学院チャリテーコンサートと二胡友ライブ

話は前後しますが、19日(土)札幌ルーテルホールでお友達が習っている教室のチャリティーコンサート、
4回シリーズのうちの第2回目がありました。
今回は中国音楽オンリーです。
お友達もほとんどの曲、弾いてました。す、すごいです。
そして二胡だけではなく、伴奏に中国琵琶や揚琴も入りました。
雰囲気もなんとなく中国っぽくなりますね~。
自分でも弾きたい曲がいろいろ・・・。
でも、ちょっと今は技術的に無理かぁ???
b0117720_0301237.jpg
次は10月18日(日)旭川(鷹栖)メロディホールで午後2時30分~です。

そしてその夜は二胡友のライブを聴きに行きましたよ。
二胡とギターでの演奏。時間にして30分弱だったのでちょっと物足りなかったかな。
もう少し聞きたかったけど、選曲も良かったので聴いてて楽しかったですよ。
b0117720_0303916.jpg



さて、今度は私も11月の演奏に向けて頑張るかぁ。
by hao-ting0706 | 2015-09-30 00:31 | 二胡関連

聴くのも楽し♪

昨日、二胡友が行っている学院の演奏があり聴きに行って来ました。
ここ2・3日の北海道、最低気温を記録している中のロビーコンサートです。
寒かったと思いますよ。座って聴いていても足元が冷え冷えでした。
ここのロビーコンサートは毎月いろんなアマチュアの方々の演奏が行われていて
私も以前私たちの「二胡アンサンブル梅花」として申し込んだ事があるのですが、
残念ながら応募者が他にもいたため抽選にハズレてしまい、
それ以来応募していなかった穴場の演奏場所です。
結構広いロビーでお客さんもたくさん来ていましたよ。
そう言えば最近の私たちのグループは一般の方向けのコンサート演奏してませんね。
どちらかと言えば福祉施設などの限られた中での演奏になっている感じがします。
やはり参加型の演奏も必要だなぁ、と感じます。
b0117720_12495910.jpg
吹き抜けになっているロビーはマイクなしでは20名の人数でちょうどの音量です。
柔らかな音で響いていたのでとても心地よい音色でした。
b0117720_12503079.jpg
《演奏曲》
●歓喜の歌 
●夜深沉 
●日本の歌メドレー 
●賽馬 
●涙そうそう 
●大地讃頌
立ち弾きもカッコいいですね。

by hao-ting0706 | 2014-02-09 12:55 | 二胡関連

ライブ


昨日6日(土)の夜、二胡友の一人が
Live & DiningのMellowで演奏するとの事だったので
聞きに行って来ました。
このお店は月に1回土曜日にアマチュアの音楽家に演奏場所を提供しているのですが、
以前行った時より、演奏者が増えてました。
ほとんどがギターかピアノでの弾き語りの中の二胡演奏なのですが、
めずらしく昨日はもう一人若い女性が二胡弾いてました。
・・、とは言えお店に着いたのが7時30分過ぎ。
でも、お友達の演奏が始まったのは11時頃。
なんと、順番待ちは約3時間以上。
そして参加者が多かったので、お友達の前の演奏者から
通常2曲の演奏曲が1曲になってしまい、ちょっと残念。
次回、また聞きに行きたいですが、
この待ち時間、なんとかなるといいなぁ。
b0117720_2243656.jpg
二胡とギターの演奏。
ここのお店のピアノやギターは自由に使えます。
他の曜日では、いろいろなイベントがあります。
Live & Dining Mellow 
二胡のサイト「弦堂」さんからもリンクしています。


by hao-ting0706 | 2013-04-07 22:10 | 二胡関連

最近買った物で・・


最近、二胡関係で購入した物、
それは二胡の教本と伴奏CD付の楽譜。
b0117720_165246100.jpg

まずは伴奏CD付楽譜。
2冊とも演奏版がありません。
特に真ん中の本には収録曲の記入がないので、よっぽど中国の流行曲知っている人でなければなんの曲かわかりません。
もう1冊はMP3で73曲も収録されているため、CDデッキで聞けるようにCDに入れなおしたら4枚になってしまった。(^^;)
そ、そんなに演奏しないから・・・・。

そしてスゴイのは張氏の「二胡講座」上巻。
今まで日本語の二胡の教本と言うと簡単な歴史や二胡の名称や演奏の仕方だけで、
どちらかと言えば二胡を始める人のための簡単なもの、と言う感じだったのが、
この本は深~い。
b0117720_1653228.jpg
もともとは中国でラジオ二胡講座のテキストで1959年初版の「二胡広播講座(二胡放送講座)」が低本になっているそう。その後、時代とともに改訂しながら1989年代にラジオ放送した6回分を編集したも。
b0117720_16541542.jpg
この上巻である二胡理論部分は12章、131節で構成され、講座形式で二胡の楽器・歴史・奏法とその応用について述べてあり、下巻の練習曲・楽部部分は222曲を採用し、民謡・歌曲や独奏曲などを収録。(下巻は2013年上半期刊行予定)
たった6回でこの分量かい!恐るべし中国パワー。
その位、ビッシリ説明書かれています。
授業で説明してもらいながら勉強するなら「やってみよう!」と思うけど・・・・、果たして自分で最後まで読めるかが問題だぁ。
b0117720_1656517.jpg
特に年配者で目が悪い人には、本を開いた瞬間、読みたい気持ちが半減するほど、注釈部分は字が小さくて読みにくいです。
そう思うのは私だけ?







←ここの注釈部分はルーペほしい。
趣味で弾くだけよ~という人にはここまで必要ないかもしれないけど、
今更聞けない、とかもっと上手になりたい、とか
これから二胡を教えたい、と思っている人にはお薦めね。
目からウロコ!がたくさんあります。

チラッと読んで「へ~、そうだったのか」と思ったのは、たまに演奏する「小花鼓」。
この曲の作曲は劉北茂 氏。
知ってます?この方、あの有名な「光明行」「空山鳥語」などを作曲した劉天華 氏の実弟だったんですね。
全然、作曲者知らないで弾いていました。この曲が作られた背景も注釈で書かれていて、なるほど・・・・、と感心します。
今、二胡愛好者の中で売れている本なので、売り切れてるかもしれませんが、
興味あったら是非買ってみて。

いつ読むの?    今でしょう!  
がんばろう・・・・。
by hao-ting0706 | 2013-03-15 17:18 | 二胡関連

春に向けて


北海道はまだまだ冬、2月が終わったらやっと春が来る!と明るくなるのですが、
そんな中、ここ数年参加している4月の「音楽おさらい会」の練習が今日から始まりました。
と、言っても3人(1曲は4名)での、それも2曲だけですが・・・・。

演奏曲は無謀にも「G線上のアリア」無伴奏4重奏と「花は咲く」
「G線上のアリア」は以前勤めていた会社でサックスを演奏する人が二胡用に4重奏の楽譜を書いてくれたものです。
「いつか演奏したい!」と思いつつ、実力が伴わず、また4人揃わなかったため長い間、温めて?いたんですよね。(^^;)
やっとお披露目できる日がやって来ました。(本当か!?)
そして中胡を中古で買ったお友達がいたので二胡4重奏を⇒二胡・中胡4重奏に変えての演奏です。
今日は第1回目の練習。場所は狭いながらも我家。
一番練習していない私に皆さん、付き合ってくれてなんとか雰囲気だけはバッチリですよ。
なかなか良いですねぇ。ただ、音程は確実に取らないとならないので、これが一番難しい。次回までにもう少し音程、リズムを合わせられるように頑張ります。

もう1曲の「花は咲く」は先日、発売になったジャー・パンファン氏の「二胡で奏でる歌謡曲」のCDを今日聞いて「これにしよう!」と、すぐ決まってしまいました。早っ!
更に2重奏で、それも30分程度で合わせてしまったので、あとは弾き込んでいけば何とかなりそうです。

次回の練習は2月下旬予定。
今年もこの先、新しい曲の練習が入ってくるので、なるべく早め早めに練習しなくては・・・。
b0117720_0475990.jpg
【Contents】
・花は咲く ・時代 
・北の国から ・春よ、来い
・明日 ・赤いスイートピー
・異邦人 ・なごり雪 
・川の流れのように 
・涙そうそう 
・翼をください 
・大空と大地の中で


既に自分たちで四苦八苦して楽譜を作り演奏している曲もあり、思わず「本、出すのが遅いんだよ」と心の中で叫んでしまいました。





by hao-ting0706 | 2013-01-28 01:03 | 二胡関連

6月です。

あれ~っ!?
前回のブログからもう2週間以上、経ってしまったの?
なんとも早い。
6月は3日に発表会の練習があり、その後4日から新しいお仕事の研修に1週間行ってました。
やっと終わった~と思ったら昨日14日はまたまた二胡の合同練習。
そして明日16日は24日に演奏する「まるやまミュージックソン」の総仕上げに深川へ行ってきます。
こーんな毎日の中で思い出したのは「あー、明日は私のお誕生日だ!」
ある年齢から4年に1回、夏のオリンピックの年に歳をとることにしましたが、調度今年はオリンピックの年なんですよね。
では、練習後、ついでに皆にお祝いしてもらいましょう!

b0117720_19323975.jpg

←こちらは今年のプログラム(表)です。
中には各会場と時間、演奏者・グループが掲載されています。
ギターやピアノの弾き語りやオカリナ、etc・・懐かしの曲からNowな曲までいろいろです。
もちろん、聞くだけならどこも無料!なので音楽のハシゴができますよ。
「まるおん」のホームページはこちらから→maruyamasanpomiti.com/maruon"

b0117720_194015.jpg
←こちらは私たちのプログラム。
今年の「まるやまミュージックソン」は中国曲が中心です。
古典あり、歌謡曲あり。
今まで演奏した曲に新しく何曲か加え、更に二重奏にした曲もあります。
今回はお茶を飲みながら・・・ではないのですが、最後まで楽しんでくれたらうれしいな。

アー、何を着ようかなぁ。未だに衣装決まってません。
by hao-ting0706 | 2012-06-15 19:46 | 二胡関連

もう買った?


いつの間にか発売されていたジャー様の新しい楽譜&CD【二胡で奏でるクラシック】!
私は4月下旬のGW前に見つけて早速、購入しました。
今回はどんな曲が入っているのか・・・、興味シンシン。。
ペラペラと二胡譜をめくってみると
Oh!これはほぼ、上級者用だぁ。
誰がこの伴奏CDに合わせて「チェルダッシュ」を弾くのであろうか。(と、二胡友も話していた)
きっと、学習者を対象としているのではなく、演奏者が使うのね。
b0117720_23234468.jpg
歌の翼に(二重奏)★★
愛のあいさつ★★
ハンガリー舞曲★★★
私のお父さん歌劇「ジャンニ・スキッキ」より★
セレナーデ★★
シチリア-ノ★★
カノン(三重奏)★★
トロイメライ★★
トルコ行進曲(二重奏)★★★
白鳥★★
ユーモレスク(二重奏)★★
チェルダッシュ★★★
(★=レベル)全12曲

実は昨年の音楽おさらい会で「愛のあいさつ」を弾こうかと思って途中まで練習しました。けど、結局やめて「キャッツ」に変えてしまった。いつかまた弾けたらいいなぁ。今回のこの曲の難易度は★★星2つ。★1つは1曲しかありません。
「カノン」の三重奏はとってもキレイなので是非、弾いてみたい1曲です!
春の暖かな日差しの中、コーヒーなど飲みながらジャー様の模範演奏を聴くのが心地いいのだ。
b0117720_23491939.jpg

余計な事かもしれませんが・・・・・・・・、
b0117720_23243446.jpg
誤植かな、本来は「二胡で奏でるクラシック」なはず。シネマは前回のものですね。
気が付いていました?
by hao-ting0706 | 2012-05-09 23:51 | 二胡関連

知っていました?

昨日(8日)に二胡友から「ジャーさん司会(?)の音楽番組があるよ」、とメールをもらい夜、早速見てみました。ホスト役なので彼が演奏する曲は1曲位しかなくてちょっと残念ですが、まだ、見ていない方は忘れずに来週からご覧あれ!

以下はジャーさんのホームページhttp://www.jia-pengfang.com/のNewsから掲載しました。↓

4月1日からスタートするBS番組「Net's Professionals~ハートフル メッセージ」で、
ジャー・パンファンが番組ホストをつとめることになりました。
様々なゲストミュージシャンとのコラボレーションは必見です!
番組では、「笑顔の連鎖」をより多くの人たちへ・・・そんな思いをコンセプトに、
毎回、様々なジャンルで活躍する著名なミュージシャンをゲストに招いて、
ライブやトークを繰り広げます。

第1回のゲストは、T-BOLANヴォーカルの森友嵐士さん。
番組名:Net's Professionals~ハートフル メッセージ
放送局:BS11
放送日:毎週日曜22:00~22:30(30分番組)    
※4月1日放送開始
by hao-ting0706 | 2012-04-09 11:34 | 二胡関連

エネルギー充電中

今週末には二つ演奏があると言うのに、忙しかったのを理由にイマイチ集中して練習ができなかったのですが、15日(日)に以前、お世話になっていた教室の発表会と昨日の朗読会に行き刺激を頂いてきました。

15日は二胡の発表会だったのですが、
2~5人でのグループ演奏もありましたが、ほとんどがソロ弾き!でした。
会場も250名程入るホールなので、そのステージの真ん中で一人で弾くのはとっても緊張したと思いますが、皆さん、とても素晴らしいかったですよ。
演奏曲はどちらかと言えば日本の曲が多く、中国の古典的なものが少なかったのはちょっと残念でしたが、でも私が弾いてみたかった「虹と雪のバラード」もありましたし、以前ギターのお友達と弾いた事のある、ド・演歌「氷雨」もありました。
やはり人気なのはチェンミンさんやジャー・パンファンさんの曲ですね。
大変、勉強になりました。
b0117720_11564013.jpg2~5人のグループでは「エーデルワイス」「ムーンリバー」「いつも何度でも」「白雲の城」「一個人」「蘇州夜曲「もののけ姫」の演奏がありました。皆さん、衣装もバッチリ決めてました。
b0117720_1157937.jpgb0117720_11573529.jpg二胡友もソロ演奏しました。「虹と雪のバラード」(左)とトリを飾ってくれたお友達は「小花鼓」(右)を演奏。


そして昨日17日(火)は月1回開催される朗読会に行って来ました。
毎日、慌ただしくてご飯やお茶もゆっくり食べたり飲んだりできない日でも、この日のこの時間だけは至福の時です。
ゆっくりお茶を飲みながら朗読を聞き、または漢詩を聴きました。あぁー、なんてしあわせ。
今月も新年にふさわしい中国琵琶の演奏があり、 贅沢な束の間の時・・、ホッとします。
終わってからまた新たに「篠笛」の方とも知り合えたので、今年は是非、琵琶&篠笛&二胡の演奏、実現させたいなぁ、とやる気が出てきました!
b0117720_12111096.jpg
西澤 貢
「巷談 振袖火事」(話芸脚本集『へんな本・上』より)
この他にも 阿刀田 高 「母にそっくり」(『明日物語』文春文庫より)、最後にみんなで朗読は 野口 雨情 「雪景色」(『子どもと声を出して読みたい美しい日本の詩歌』より)がありました。
b0117720_12132370.jpg
漢詩
柳 宗元  「江雪」
漢詩の後はいつものおやつタイムで、今回は新年らしい、おいしい金華ハム入り大根もちでした。(また写真撮り忘れました(><;))
b0117720_12143392.jpg
中国琵琶演奏
◎「越天楽」(日本古謡)  ◎「春の海」(宮城道雄) ◎「金蛇狂舞」(中国民間楽曲)
演奏者にお聞きしたところ、「金蛇狂舞」を練習している時に琵琶の弦が切れて飛び、手を切ったり、顔に傷を作ったりしたそうです。こわーい。弦も凶器だわ。その点、二胡は間違って糸巻回さない限りあまり切れることはないので、よかったぁ。


さぁー、今日は私も気合入れて練習しましょ。

by hao-ting0706 | 2012-01-18 12:31 | 二胡関連

現実は厳しい~(><;)


6月の発表会後、7月は休息して気持ちも新たに、
先日7月31日のWei Weiさんのコンサートで刺激を受け、
「同じように弾いている」と思っていたのに・・・。
それは大間違い・・・、であったと再認識させられた今日のレッスン。(T T)

先生、「気持ち悪い音」はちょっとヒドくない?
自分では気持ちよーく弾いてるつもりなんだけどなぁ。
残念な事にビミョ~に音がズレているらしい。
特に「ミ」の音と小指の音。
私には許容範囲なんだけど、絶対音感がある人には
この「ビミョ~なズレ」はとても聞いていて気持ち悪いそう。

もともと手が小さい私には小指は苦手。
一生懸命、小指伸ばして弾いるけど、更に気合を入れて伸ばさなくては。
Wei Weiさん曰く
「小指を伸ばして練習すると、右と左では指の長さが変わってきます。
長さが違っていたらちゃんと練習ができている証拠」との事。
まだまだ修行が足りないか、トホホ。

あとは手首の返しが遅い時がある、とまた言われました。
それでも、昔に比べガチガチ手首に比べたら力を抜いて弾けるようになったのは
スゴイ進歩だと、我ながら感心、感心。
な~んて自分には超甘いんだよね。

また来週「八月桂花遍地開」よろしくお願いします。m(_ _)m
b0117720_0291882.jpg

by hao-ting0706 | 2011-08-05 00:31 | 二胡関連



二胡と旅と食に関するブログ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル